トランスファーワイズ 仕組み

この会社が為替手数料を取らずに、従来かかっていた費用を大幅にカット出来ている理由はその仕組みにあります。

 

それは、国際送金をしているように見せて、していないからです。

 

 

詳しく説明しますね。この仕組みを考え付いたのは本当に凄いと思います。

 

私が海外の銀行口座へお金を送りたいと思ったとき、これまでは「国際送金」がされていました(当然ですね)

 

従来の海外送金サービス(日本からアメリカへ)

①私が日本円を振り込みます

  ↓

②国際送金サービスの口座に円で着金

  ↓?

円からUSドルに交換される

  ↓?

④相手先のアメリカ銀行口座へドルで着金

 

私が持っている日本円を、USドルに交換してから送金先の口座に入ります。

 

これは通貨がユーロ、イギリスポンド、カナダドル、マレーシアリンギット、フィリピンペソなど何であっても一緒です。

 

でも、トランスファーワイズの仕組みは違います!

対応している国それぞれに銀行口座を開設し、そこにお金を用意しておくことで、実際には海外送金をしていないんです。

 

 

送金の流れを見てみましょう。

 

トランスファーワイズの場合(日本からアメリカへ)

①私が日本円を振り込みます

  ↓

②TransferWiseの日本口座に円で着金(日本円の動きはここでストップ)

  ↓?

③TransferWiseのアメリカ銀行口座から既に用意されているドルで送金

  ↓?

④相手先のアメリカ銀行口座へドルで着金

 

つまり、

  • 私が送った日本円は、TransferWiseの日本口座に入っただけ(国内送金)
  • アメリカにあるTransferWiseの口座から相手先に振り込み(国内送金)

という、2つの国内送金を組み合わせているんです!

 

この仕組みによって、実際には為替交換はされていないので為替手数料を発生させないサービスが可能になっているんです。

 

これは細かなサービス内容の差ではないので、その他の競合他社との違いは明白です。

 

正に、新しい仕組みを考えたことによる業界に対するイノベーションが起きたケースですね。

 

 

ハンドルネーム:幸せの青い鳥

外国人と結婚していて、海外送金を良く使っています。

このサービスに出会ってなかったら今頃相当な金額を手数料で無駄にしていたと思います。

トランスファーワイズ最高!

手数料を浮かせて、他のことにお金を使いましょう!

© 2018 トランスファーワイズ 評判 rss